診療報酬債権担保ローン(保険医療機関・調剤薬局・介護事業者・障害福祉サービス事業者)

湊屋商事の診療報酬債権担保ローンは将来発生するキャッシュフローの資金流動化に着目した資金調達です。1件当たりの平均融資金額は600万円。1件当たりの平均契約期間は2.5年間。契約期間の途中精算をする方の割合は約55%。やはり、クライアントさんは金利負担を少しでも軽減したいという心理が働くもとで弊社の商品である診療報酬債権担保ローンをご利用するわけですから必然とこのような統計の数字になるのかと思います。診療報酬債権担保ローンの商品を是非ご検討してみて下さい。(平成28年度弊社統計)

ご融資金額
50万円 ~ 3,000万円
貸付利率:9.00%~18.00%(実質年率)

湊屋商事の診療報酬債権担保ローン 3つの特長

  1. 診療報酬、介護、調剤報酬、障害福祉サービス等報酬債権を取扱う医療機関であれば、法人事業や個人事業を問わず長期運転資金を確実に調達できます。
  2. 診療、介護、調剤報酬、障害福祉サービス等報酬の
    最大4ヶ月分までのご融資が可能です。
  3. 長期分割返済(最長60回5年)が可能です。
    ※繰上げ返済の場合でも違約金や解約手数料は一切かかりません。

診療報酬債権担保ローンを申込む前に、
商品説明を会って聞きたいという場合でも営業担当スタッフが
お客様のもとへお伺い致します。

※詳細は下記の仕組み図をご覧になって下さい
注)弊社の診療報酬債権担保ローンの商品はファクタリングサービスではありません。ファクタリングとは売掛債権を資金供給者側に買い取ってもらうといった先払いのシステムで、利息ではなく手数料が発生します。その手数料は資金供給業者によってまちまちです。しかも、その都度、手数料は発生します。支払総額で比較した場合、利息と手数料、どちらのほうが負担が少ないのかよく精査することがクライアント側に求められます。しかしながら、現在はファクタリングの法整備がきちんと整っていない状況下においてファクタリング手数料が資金供給者側の言い値で成り立っていることも散見されますのでクライアント側ではより一層の注意が必要です。

診療、介護、調剤報酬、障害福祉サービス等報酬の 最大4ヶ月分までのご融資が可能です。

クライアントさんからお預かりする債権を最大限に融資金額に反映させるよう心掛けております。

診療報酬債権担保ローンの仕組み

診療報酬債権担保ローンの仕組み

  1. 診療報酬債権を最大4ヶ月分まで評価したうえでご希望額に基づいた融資額を実行致します。
  2. お客様の将来発生する診療報酬債権を弊社に譲渡して頂きます。
  3. お客様より診療報酬債権を譲り受けた後、弊社から国保連と社会保険診療報酬支払基金に対して
    債権譲渡通知書を発送致します。
  4. お客様は毎月今まで通り国保連と社会保険診療報酬支払基金に対して
    保険請求(レセプト)を行って頂き、弊社に保険請求の内容を書面にてその都度お知らせして頂きます。
  5. 国保連と社会保険診療報酬支払基金から保険請求に基づいた診療報酬の金額が
    毎月指定された日付に弊社の銀行口座に振り込まれます。
  6. 弊社に振り込まれた診療報酬の金額からお客様の毎月の返済額を控除しました金額を
    当日中に返還致します。

診療報酬債権担保ローンご利用案内

ご融資対象者 保険医療機関・調剤薬局・介護事業者・障害福祉サービス事業者
ご融資金額 50万円~3,000万円
貸付利率 9.00%〜18.00%(実質年率)
遅延損害金 20.00%(実質年率)
担保・保証 診療報酬債権・調剤報酬債権・
介護報酬債権 ・障害福祉サービス等報酬債権
※医療法人の場合代表者保証有
返済方法
返済回数
元利均等返済・元金分割返済・元金一括返済
1ヶ月(1回)〜24ヶ月(24回)
必要書類 ・代表者の本人確認書類
・開設許可証
・診療報酬額支払決定通知書(直近3ヵ月分)
・決算書2期分、確定申告書又は直近の試算表
・納税証明書(法人税、消費税等)
・その他当社が必要と判断した資料

診療報酬債権担保ローンご利用例

1,000万円を年率15.00%、24ヶ月間の元利均等払いで融資を受けられた場合のお支払い総額。

484,800円(毎月のお支払い金額)×24ヶ月 = 合計  11,635,200 円

ご利用に関しては契約内容をご確認の上、無理のない返済計画をお立てください。

診療報酬債権担保ローン トップへ